死ぬまでに1度は行きたい全国穴場の絶景露天風呂。おすすめ温泉旅館10選

森の中の絶景露天風呂

温泉大国といわれる日本には、全国各地にさまざまな温泉が存在します。たとえば海のそば、湖が見える場所、山の奥などその特徴は場所によって異なります。
温泉の効能そのものの違いはもちろん、温泉地の景色の違いを楽しむのも一興ではないでしょうか。今回は、全国の温泉の中でも特に景色が魅力的な「絶景温泉」をご紹介いたします。

絶景温泉とはどんな場所?

絶景温泉とは、その名のとおり絶景を眺めながら入浴できる温泉のことです。ひとことで絶景と言っても堪能できる景色はさまざまで、たとえば以下のような場所が人気を集めています。
星空の中の露天風呂

  • 星空の見える温泉
  • 海の見える温泉
  • 朝日、夕陽を見られる温泉
  • 富士の見える温泉
  • 桜や新緑、紅葉などを楽しめる温泉
  • 花見、月見、雪見をしながら堪能できる温泉 など
非日常で美しい景観は、温泉の効能と相まって日々の疲れを癒してくれることまちがいなしです。ムードもたっぷりなので、ご夫婦やカップルにも人気があります。お祝いや記念日など特別な日に過ごす場所としてもおすすめです。

絶景温泉の楽しみ方

ひとことで絶景温泉といっても、その楽しみ方はさまざまです。一番メジャーなのが露天風呂で、外のお湯につかりながら広がる景色を堪能できます。高いところに設置されていることの多い展望露天や、誰にも邪魔されることなくゆっくり浸かれる露天風呂付き客室などが特に人気です。
そのほか、露天風呂以外でも窓が広くとられており景色を眺められる内湯なども存在します。屋根はついているがあたりを眺望できる、半露天風呂などもあります。

全国の絶景温泉10選

ここからは、実際に全国のなかでも絶景をたのしめる温泉施設についてご紹介します。温泉旅行の行先を悩まれている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 蒲郡温泉 銀河伝説煌めく天空の宿 天の丸(愛知県)

どこが絶景?

三河湾を望めるロケーションにあり、大パノラマの露天風呂が用意されています。露天風呂からは朝日や夕焼けが堪能できます。さらに一番人気なのは夜の時間帯で、蒲郡のキラキラと広がる夜景を眺めることができます。

温泉地の特徴

蒲郡は「かまごおり」と読む、愛知の中でも有数の温泉地です。「美白泉」とよばれるお湯の、アルカリ単純泉です。関節痛や神経痛、美容に対して効能を持ち、幅広い方に入浴していただけます。海沿いの街のため、温泉の他にも新鮮な海の幸を使った食事などを楽しめます。

おすすめポイント

天の丸は温泉だけでなく、客室も魅力的です。全室パノラマビューとなっており、部屋によっては露天風呂付きの客室もあります。アメニティも充実しており、ほとんど手ぶらでも立ち寄れる宿です。関東・関西どちらからもアクセスしやすいです。
 

2.箱根湯本温泉 天成園(神奈川県)

どこが絶景?

箱根湯本というアクセスのしやすい場所にありながら、目の前に広がる大自然を堪能できるのが魅力です。「屋上天空大露天風呂」があり、脚をのばして温泉に浸かりながら自然に癒されることができます。

温泉地の特徴

東京都の新宿から特急列車で1本、1時間半で着くアクセス便利な温泉地です。周辺には山もあり、登山鉄道やロープウェーで観光が可能です。泉質はph8.6のアルカリ単純温泉で、刺激が少ないためお子様から年配の方まで浸かりやすいです。

おすすめポイント

浴室にはサウナなどもあります。そのほかマッサージやエステも用意されており、長くいても飽きない宿です。食事のバリエーションも多く、お祝い事にも向いています。
 

3. 間人温泉 炭平(京都府)

どこが絶景?

日本海・丹後半島に位置する、海の見えるロケーションの宿です。貸切風呂が6つあり、それぞれ月や草木、開放感に溢れた海など異なる景色を楽しめます。客室もすべてオーシャンビューで、湯上り後も絶景を引き続き楽しめます。

温泉地の特徴

間人温泉は「たいざおんせん」と読みます。ナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉のお湯は神経痛や筋肉痛、そのほか冷え性や疲労回復などに効果を発揮します。日本海が近いため、海産物も有名です。冬場には間人ガニが味わえます。

おすすめポイント

創業明治元年の老舗旅館です。趣のある雰囲気のなか、上質なおもてなしを受けることができます。広がる景色・くつろげる温泉と客室・新鮮でおいしい食事すべてが魅力的で、疲れを癒してくれること間違いなしです。
 

4. 大仁温泉 大仁ホテル(静岡県)

どこが絶景?

静岡県にある大仁ホテルは、なんといっても目の前に広がる富士山が迫力です。季節や時間帯によって違う表情を見せてくれる、何度も訪れたくなる場所です。入浴可能時間が15:00~11:00と長いため、何度も入り違いを楽しんでもいいでしょう。

温泉地の特徴

大仁温泉は中伊豆の穴場的場所といわれています。大仁ホテルの温泉は大仁金山の金脈より湧き出たものを、かけ流しで堪能できます。関節痛、筋肉痛、神経痛に対して効能を持ち、入浴後には身体が軽くなっているのを感じられるでしょう。

おすすめポイント

大仁ホテルは“長嶋茂雄のゆかりの地”としても知られています。長嶋茂雄が実際にトレーニングに利用した「富士の間」が館内にあり、ファンならずとも思わず見たくなってしまいます。
温泉は露天風呂が絶景なのはもちろんですが、内湯にはジャズが流れていたりと、ゆっくりくつろげる環境が整っています。
 

5.乳頭温泉 鶴の湯別館 山の宿(秋田県)

どこが絶景?

山深くに位置する秘湯の乳頭温泉では、雪見露天風呂に入ることができます。鶴の湯は乳頭温泉郷のなかでも最も歴史のある温泉で、大自然に囲まれている混浴露天風呂が特徴です。「鶴の湯別館 山の宿」は10組限定貸切の宿で、プライベートな時間を過ごすことができます。宿泊者は宿の温泉と本館の温泉両方に入ることができます。

温泉地の特徴

乳頭温泉郷とは秋田県の十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する、7つの湯の総称です。それぞれが独自に源泉を持ち、場所によって効能や性質はさまざまです。鶴の湯はそのなかでも最も古く、秋田藩主の湯治場だったという歴史ある温泉です。温泉らしいにごり湯は身体のさまざまな悩みを解決してくれます。

おすすめポイント

ブナの原生林に囲まれた、静かな場所でゆっくりと過ごせます。温泉以外にも、山の恵みをふんだんに使った郷土料理も味わえます。雪の季節以外にも、春にはミズバショウ、秋には紅葉など四季折々の景色を堪能できます。
 

6.白骨温泉 白骨の名湯 泡の湯(長野県)


掲載ページ

どこが絶景?

標高1,500mの場所にある温泉宿は、大自然に囲まれた乳白色の温泉が魅力です。新緑や紅葉、山桜の季節に、葉の色とお湯の白色のコントラストを眺めることができます。そのほか冬には粉雪や澄んだ星空を眺めることもでき、四季によって表情を変化させるのも魅力と言えます。

温泉地の特徴

泡の湯という名が示す通り、数ある温泉のなかでも珍しい炭酸ガスを含有した硫黄泉です。流れ込む時には透明のお湯で、外気に触れる事でお湯の色が変化します。飲泉にも対応しており、胃腸病、糖尿病などに効果があると言われています。宿の朝食ではこの温泉のお湯を使った温泉粥も食べられます。

おすすめポイント

泡の湯の露天風呂は混浴となっていますが、女性でも安心して入浴できるよう配慮がされています。女性専用の入り口や入浴専用の厚手バスタオルが用意されており、また温泉は広くて他者との距離が気になりにくい環境です。そのため家族やカップルで訪れるのにもオススメです。
 

7.別府温泉 AMANE RESORT SEIKAI(大分県)

どこが絶景?

AMANE RESORT SEIKAIの1階にある大浴場は、通称「海抜0メートル」と呼ばれており、水平線とひとつになる温泉です。入浴していると、まるで広がるおおきな海に浸かっているかのような自然の大きさを感じられるでしょう。そのほか最上階には夜景や陽の光を感じられる温泉があります。客室もすべて露天風呂付き、すべてオーシャンビューの部屋です。

温泉地の特徴

別府温泉は源泉の数、総湧出量ともに日本一位を誇る最大の温泉郷です。そのため観光地としても栄えており、温泉街らしい街並みなども楽しめる場所です。泉質は場所によってさまざまで、こちらのホテルでは傷や関節痛、冷え性に効能をもつ単純温泉・ナトリウム塩化物泉に入ることができます。

おすすめポイント

2019年7月に新館がグランドオープンしたばかりで、綺麗で手入れの行き届いたホテルです。食事も日本料理・海鮮料理・フレンチの3スタイルから選ぶことができます。ベーシックな和洋室からモダンな洋室まで、客室タイプが豊富にあります。
 

8.鬼怒川温泉 あさや(栃木県)

どこが絶景?

あさやの魅力は、川面から80mもの高さにある「空中庭園露天風呂」です。有名な鬼怒川温泉のなかでももっとも高い場所に位置するこの温泉は、四季ごとに表情の変わる山並みや、広がる夜空を満喫できます。時間帯によっても大きく雰囲気が変わるので、1日に数回入浴するのもおすすめです。

温泉地の特徴

鬼怒川温泉は昔から「傷をいやす温泉」と言われてきました。アルカリ性単純温泉で、お子様からお年寄りまでどなたでも安心して入浴可能です。痛みに対する効能のほかにも、身体をしっかりと温めてくれる効果もあり、宿の温泉は「子宝の湯」と名付けられています。

おすすめポイント

あさやは創業130周年を迎える老舗のホテルです。温泉のほかにも豪華な食事やエステ・スパなどを満喫できます。鬼怒川温泉駅やJR宇都宮駅からもアクセスし易いのがポイントです。
 

9. きのえ温泉 ホテル清風館(広島県)

どこが絶景?

瀬戸内海に浮かぶ、大崎上島にあるホテルです。目の前に瀬戸内海の島々が広がる絶景の露天風呂からは、条件を満たせば渦潮を見られることもあります。橋の無い島で移動手段は船しかなく、そのため日常とは異なる静かな時間を過ごせます。気候や時間によって変化する陽の光も魅力です。

温泉地の特徴

愛媛県や広島県などからアクセス可能な場所にあり、瀬戸内海に包まれた島にある温泉です。病後回復期にしっかりと身体を癒してくれる、ナトリウム、カルシウムを多く含んだ塩化物冷鉱泉です。

おすすめポイント

宿泊利用者は朝早く6時から、日付の変わる0時まで温泉を利用できます。宿泊者以外にも、日帰り入浴にも対応しています。瀬戸内海の旬の幸を贅沢に使った料理も魅力のひとつです。
 

10. 祖谷温泉 和の宿 ホテル祖谷温泉(徳島県)

どこが絶景?

日本三大秘境と呼ばれる祖谷渓谷を見下ろせるホテルです。谷底に露天風呂があり、露天風呂まではケーブルカーでパノラマの絶景を眺めながら移動できます。温泉自体も白濁した湯に白い湯の花が浮かんでいる、いかにも温泉らしい見た目で、まわりの景色とあわせて非日常な贅沢感を味わうことができます。

温泉地の特徴

毎分1500リットルもの湯量を誇る温泉で、泉質はアルカリ単純硫黄泉、肌の悩みや疲労回復に効果的です。お湯はぬるめで、ゆっくりと浸かることができます。まるで時代をタイムスリップしたかのような、趣を感じられる温泉です。

おすすめポイント

地元食材を使った食事も好評で、アメゴやアユなどの川魚や山菜、名物の祖谷そばなどを味わえます。時期によって「かずら橋ライトアップツアー」や「星空ウォッチングツアー」にも参加できます。
 

絶景温泉での、入浴時における注意点

注意することは?
絶景温泉は、露天風呂であることが多いです。通常の温泉入浴のマナーに加え、気を付けておいたいポイントがいくつかあります。よりよい景色に出会うためにも、注意点を理解しておきましょう。

1.天候に注意

天候に注意
絶景を楽しむためには、なによりも天候が重要になります。予約段階で予想するのは難しいかもしれませんが、たとえば梅雨の時期や台風の時期はあらかじめ避けるなど工夫をしましょう。遠方に行く場合には、お住まいの地域と梅雨時期がずれている場合などもあります。旅行先の天気をしっかりとチェックしておきましょう。

2.季節や時間帯に気を付けよう

四季
たとえば紅葉や雪景色などは、その季節特有の絶景になります。夕日や星空などは時間帯によってみられる条件が変わります。訪れる季節や入浴時間帯にも気を付けておきましょう。

3.入浴条件や設備の確認

絶景温泉のなかには、場所によっては混浴のところもあります。行ってから気づいて慌てるということが無いように、あらかじめ下調べをしっかりとしておきましょう。また山奥の秘湯などには絶景の場所が多いですが、そのぶん設備やアメニティが整っていない場合もあります。あらかじめ持ち物をしっかりと確認しておいてください。

絶景の温泉を訪れて、最高の休日を過ごそう

景色の綺麗な温泉に入れば、仕事や日頃の疲れをしっかりと癒せるでしょう。休日どこかに出かけたいと思った方は、ぜひ絶景温泉に訪れてみませんか。地域によって絶景の種類や魅力もさまざまですので、全国各地からお気に入りの場所を探してみてくださいね。

関連記事

  1. ペット可能な温泉宿

    愛犬と一緒に泊まって温泉旅行ができる。ペット可能な温泉宿5選と楽しみ方

  2. 露店風呂

    温泉に入りながらお酒が飲める。飲んべえさんの夢が叶うお酒持ち込み可能温泉宿5選

  3. 浴衣のあかちゃん

    温泉デビューに。赤ちゃん連れにおすすめのウェルカムベビーの温泉旅館7選

  4. 温泉満喫

    子供連れの温泉家族旅行を満喫。こどもが楽しめるおすすめの温泉宿10選

  5. 絶景の山が見える温泉

    絶景・山が見える温泉宿10選。松茸などの山の幸や景色・ハイキングも満喫

  6. サウナ

    サウナ好きに聞いた!「整う」という感覚とは?おすすめのサウナ付温泉旅館5選