南紀白浜

南紀白浜温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

【PR】

南紀白浜温泉は日本三大古湯と言われている

南紀白浜温泉は日本三大古湯と言われており、7つ有名な温泉があります。7つあることを湯崎七湯と言われており、崎の湯や牟婁の湯、松の湯の独特な温泉があります。
南紀白浜温泉の場所は和歌山みかんが有名な和歌山県に存在しています。車や電車の交通アクセスは便利であり、車では道南紀白浜インターから10分、白浜駅からはバスが出ており白浜駅からも10分かかる場所に南紀白浜温泉があります。
南紀白浜温泉は近くに海があり、周辺スポットでは海岸沿いの探索をすることが出来ます。ホテルも南紀白浜温泉に数々あり、南紀白浜温泉に泊まる旅行客も多くいます。ホテルのお風呂によっては露天風呂や送迎バスのあるところもあるため便利です。
 

南紀白浜温泉の歴史

南紀白浜
南紀白浜温泉は本当に古くからあり、658年には斉明天皇、690年には持統天皇、701年には文武天皇などの位の高い人が訪れた歴史があります。また万葉集の中にも南紀白浜温泉のことが記載されている部分があり、今だけではなく昔も人気があった温泉です。
大きな温泉になり始めたのは第一次世界大戦の頃で、1922年に源泉を掘り当てたことから今でも人気の温泉として引き継がれています。戦争が終わると新婚旅行スポットとしても親しまれるようになりました。
 

おすすめの南紀白浜の温泉宿5選

南紀白浜温泉観光のおすすめモデルコース5選

和歌山県の観光地の中でも特に人気のある南紀白浜温泉。その歴史は古く、万葉集や日本書紀にも登場する由緒ある温泉郷です。そんなこの場所には温泉以外の観光スポットも盛りだくさん。
家族で楽しめるテーマパークや景勝地、クエをはじめとした海の幸を味わえる郷土料理のお店など魅力が満載です。また、南紀白浜空港や京都・大阪と和歌山の南紀地方を結ぶ特急列車「くろしお」などアクセスも良好。家族や恋人同士または友達との旅行など、どんな場合でも楽しめる観光地です。
 

アドベンチャーワールド

アドベンチャーワールド
ジャイアントパンダの飼育で特に有名な動物園および水族館。日本でパンダを見ることが出来る動物園は少ないので、パンダ好きなら一度は訪れたい場所です。他にもたくさんの動物と触れ合ったり、イルカやクジラのショーなど様々な内容が盛りだくさん。また、観覧車やジェットコースターなどのアトラクションも楽しめます。

掲載ページアドレスアドベンチャーワールド
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399

 

とれとれ市場 南紀白浜

日本でも屈指の、大規模な海鮮市場。新鮮な魚介類だけではなく、和歌山の名産品やお土産なども全て揃っています。マグロの解体ショーなども行われ、職人さんの手によって鮮やかな手さばきでマグロが解体されていく様子を、目の前で見る事が出来ます。もちろんその場で様々な魚を食べる事も出来るので、お昼時に立ち寄ってみるのがおすすめです。

掲載ページアドレスとれとれ市場 南紀白浜
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2521

 

円月島

円月島
夕日が美しい事で知られている円月島は白浜のシンボル。臨海浦の南海上に浮かんでいる小島で、島の中央に円月形の穴が空いていることから「円月島」と呼ばれています。国の名勝にも指定されており、春分・秋分の時期には中心部の穴から夕日が見えるという、珍しい景色に出会えます。

掲載ページアドレス円月島
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町

 

三段壁

三段壁
平安時代、熊野水軍が船を隠していたという伝説が残る洞窟で、円月島と並ぶ景勝地です。断崖には展望台が設けてあり、南紀の海景を眺める事が出来ます。また、エレベーターで降りると200メートルに及ぶ洞窟の内部を見る事が可能。また、悲恋のエピソードが転じて恋愛成就のパワースポットとして有名になり、恋人の聖地に認定されています。

掲載ページアドレス三段壁
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町三段

 

白良浜

白良浜
海水浴シーズンにはたくさんの人が訪れる白良浜は、石英の砂からなる白い浜辺が珍しい夏に最適な観光スポット。大規模な花火大会も行われ、冬には12月31日から1月1日にかけてカウントダウン花火も行われます。日本の渚百選にも選定されており、海とともに美しい景色が楽しめます。

掲載ページアドレス白良浜
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町白浜


 

南紀白浜温泉に行く場合の注意点

紀伊半島は他の半島に比べて大きい半島なので、向かう地域によって走行距離がのびる可能性があります。計画を立てる際に時間等の再確認が必須です。また、半島の運転はカーブが多く、通行する道路が限られている事もあり観光シーズンや連休は渋滞も多く注意が必要。海に近いスポットでは天気が急変する事もあるので、天気によっては閉鎖される場所や施設があります。なので、荒天の際に行ける別のスポットを調べておく事も大事です。
 

南紀白浜温泉までのアクセス情報

284系「くろしおパンダ」号
東京からは南紀白浜空港行きの飛行機が羽田から運行しています。京都・大阪からは特急くろしお号で白浜駅まで行く事が出来ます。車では阪和自動車道を利用すると、南紀白浜インターチェンジが新たに開通したのでスムーズにアクセスする事が出来ます。他にも、徳島港から和歌山港へ出港しているフェリーや、高速バスなどもあります。到着してからも、バスやレンタカー・レンタサイクルまたは9人乗りのジャンボタクシーなど様々な移動手段があります。
 

まとめ

南紀白浜は海が一望できる景色と1400年以上前から愛される温泉です。温泉だけではなく、子供も楽しめるプールもついているので安心して親子でも楽しめます。
お風呂の湯には泉質(成分)が入っており、ココロとカラダは心身とともに癒され治してくれるので気持ちが楽になれます。温泉に含まれる化学成分の中に色、匂い、味、肌触りなど様々な特徴や効能があって、五感が温泉で恩恵を味わえます。
また、宿泊するのは難しいかたは、日帰り入浴もできるので少しでも温泉気分を味わいたい方は、日帰りプランをおすすめします。

関連記事

  1. 別府温泉

    AMANE RESORT SEIKAI(潮騒の宿 晴海)

  2. 羊山公園

    ちちぶ温泉 はなのや

  3. 兼六園

    湯涌温泉 お宿 やました

  4. 山代温泉

    山代温泉(加賀温泉郷)のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

  5. いわき湯本温泉

    いわき湯本温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のモデルコース

  6. 秋保温泉

    秋保グランドホテル

  7. 温泉

    湯郷温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

  8. 伊豆

    熱川温泉 熱川館

  9. 西伊豆

    西伊豆土肥温泉 土肥 ふじやホテル

超短期1週間OKリゾートバイト

  • 全国の温泉厳選スポット