栃木の穴場温泉20選。オススメ・絶景の温泉や旅館を一挙公開

日光東照宮や華厳の滝、日光江戸村、那須高原など有名スポットが数多く点在しており、日帰り旅行としても人気です。

栃木県での旅行で忘れてはいけないのが“温泉”
栃木県内には、なんと600の源泉が湧出されており、関東では最多を誇ります。

「栃木県と言えば温泉!」と真っ先に思い浮かべる人も多いかもしれません。

栃木県は、まさに「温泉天国」。
鬼怒川温泉や那須塩原温泉、湯西川温泉など全国的に有名な温泉から、知る人ぞ知る秘湯までさまざまです。

今回は、そんな「栃木の温泉20選」 を厳選していきます。
栃木県に点在する約230軒の温泉から、とっておきのおすすめ20選を紹介していきますのでぜひチェックしてください。

宇都宮餃子やとちぎ和牛、とちおとめなど、栃木県にはおいしい名産物もこぞっているので、温泉に浸かったあとはグルメの旅を楽しんでみるのもいいかもしれません。

都内からも近いので、日帰り温泉を楽しむのもおすすめです。

ぜひ、栃木県に旅行の計画を立てているという方は、今回おすすめする温泉に足を運んでみてください。

それでは、宿泊できる施設から日帰り温泉が楽しめる施設まで、絶景の温泉や旅館を一挙大公開していきます!

都内からも近く、観光地として近年人気を集めているのが、栃木県
 

ホテルサンバレー那須


ソース

女性なら誰しもが喜ぶフルーツ風呂

那須高原の近くにあるホテルサンバレー那須内の温泉になります。様々なタイプのお風呂が用意されており、とりわけ特徴的なのが、女性専用のフルーツ風呂になります。その名の通り、フルーツ(果物)が湯船に可愛く浮かんでいるのです。それも1個や2個ではなく、何十個といった数のリンゴやオレンジが浮かんでいるのです。冬至の日に行事として知られているゆず風呂はやったこともある方が多いと思いますが、これまたリンゴやオレンジといったお風呂に浮かべるものとしては変わり種のフルーツで湯船が埋め尽くされているので、思わずほっこりと和んでしまいそうな可愛いお風呂です。

女性専用風呂のゆず湯ならぬフルーツ湯になります。
一個ではなく、大量のフルーツが浮いています。
見た目がとても可愛らしいお風呂になっています。

電話番号
0287-76-3800
ホームページ

塩原温泉郷

塩原温泉

子供から大人まで楽しめる巨大な温泉郷

ウィンタースポーツで有名なハンターマウンテン塩原の麓にある巨大温泉施設、温泉の種類もたくさんあり、子供から大人まで楽しめるファミリー層向けの巨大温泉施設です。そして歴史も古く開湯からなんと1200年の歴史があります。
150以上もの源泉から様々な泉質、温度の温泉が毎分約1万リットルもの湯量で湧き出していますこの温泉郷という表現は小説家・田山花袋が1918年「温泉めぐり」の中で塩原11湯に使ったのが日本で最初の事例とされています。塩原温泉郷は大網、福渡、塩釜、塩の湯、畑下、門前、古町、中塩原、上塩原、新湯、元湯と呼ばれる11湯の総称です。

泉質の種類が豊富で色々な効用を楽しめます。
色々な入浴施設があるので子供から大人まで楽しめます。
自然豊かでアウトレジャーも楽しめます。

大丸温泉 大丸温泉旅館


ソース

歴史ある山奥にある『川の湯』温泉

那須温泉最奥地にある旅館で200年以上守り続けてこられた歴史ある温泉。時を忘れさせるようなゆったりとした自然溢れる雰囲気を堪能できます。
裏山の天然自家源泉をせき止め『川の湯』として作られた趣ある秘湯。『美人の湯』と呼ばれメタケイ酸を多く含有する保湿成分高い温泉です。単純泉(70度)で神経痛・リュウマチ・冷え性・病後回復期・疲労回復・胃腸病(飲泉)に良く効きます。
混浴露天風呂の『白樺の湯』『あじさいの湯』『あざみの湯』があり、日帰り入浴も人気のひとつ。
明治時代にここへ毎年訪れた乃木将軍による旅館に当てた手紙や、当時の日記や着物の珍しく興味深い展示物もあり、周辺観光スポットも盛沢山。

那須温泉最奥地の自家源泉「川の湯」の秘湯
200年以上の歴史溢れる温泉旅館
混浴露天風呂の『白樺の湯』『あじさいの湯』『あざみの湯』

電話番号
0287-76-3050
営業時間
AM11:30-PM2:30
ホームページ

ホテルハーヴェスト鬼怒川


ソース

日光で安く温泉宿に泊まりたいならここがお勧め

私は、二年前の冬、当時付き合っていた彼女と日光江戸村に遊びに行った際、この宿を利用しました。鬼怒川温泉駅から無料送迎バスが出ていたのがありがたかったです。館内の温泉と温水プールと客室は、写真で見たものと比べるとやや古い印象を受けました。しかし、比較的値段が安い宿だった為、十分納得できました。宿の周囲に食事をするところがなかったので、館内のレストランを利用しました。
お土産屋さんが夕方に閉まってしまい、買い物をしそびれてしまいました。近くのワールドスクエアの割引券がもらえたのは嬉しかったです。また、スタッフの方が、ワールドスクエアの夜のイルミネーションは綺麗だと教えてくださったので好印象でした。

東武ワールドスクウェアから徒歩三分
鬼怒川温泉駅からホテルまで無料シャトルバスが出ている
7種類の温泉と温水プールが年中楽しめる

電話番号
0288760100
営業時間
チェックインは15時から チェックアウトは11時まで
ホームページ

板室温泉 大黒屋


ソース

国民保養温泉 板室温泉と大黒屋

板室温泉は、栃木県内の那須温泉に隣接して、”下野の薬湯”とも言われる古い歴史の温泉です。 那須山中の深いところにあって、自然の佇まいの中に数軒の宿屋が有ります。
近隣に有名な那須温泉郷がありますが、此の板室温泉はその中の那須七湯にも数えられ、昔から湯治場風の温泉としてもとして知られ、昭和の中頃には国民保養温泉地として指定されています。
現在も湯治を目的としたお客さん多く、丁度よい湯温で天然のかけ流しの温泉として、どちらかと言えば芯まで温まる身体にやさしいぬる湯でもあります。
こんな板室温泉の数軒の旅館が有る中に老舗と言われているのが「大黒屋」という負かしながらの旅館です。

国民保養温泉地として指定されています
板室温泉は那須温泉郷の那須七湯の一つ
大黒屋は板室温泉の老舗の旅館になります

電話番号
0287-69-0226
営業時間
日帰り入浴は無し
ホームページ

那須温泉郷

温泉

硫黄の香りが心地いい栃木の温泉郷

栃木県の中で最も古い歴史をもち、硫黄泉の白いにごり湯が特徴的です。開湯1380年という共同浴場「鹿の湯」は、温泉街の象徴的な存在として今も入浴客でにぎわっています。
最もにぎやかな湯本のほかは1軒から数軒の旅館の建つ、静かな温泉が多い。湯本には九尾の狐伝説のある殺生石や源平合戦で知られる那須与一が祈願したという温泉神社がある。また、茶臼岳や那須高原への基地としても利用されている。
一般の人が利用しているのが元湯・鹿の湯。浴舎は湯川をまたぐように立ち、木造りの湯船に白濁した湯がたたえられている。ゆっくりしたいなら大丸温泉などの山奥の一軒宿もオススメ。

古い外観が雰囲気の良さを演出している。
木造の浴槽から木の香りも漂い心地よい
温度も高温から低温まであるので色々な世代が楽しめる。

詳細情報

馬頭温泉


ソース

マニアックな温泉かもしれませんが

実はこの温泉。佐野にあるスーパー銭湯も運んできて使用している温泉で、栃木と言えば鬼怒川温泉や、塩原温泉が有名ですがこの馬頭温泉も温泉好きな人は結構しっている筈です。ただあまり温泉に関心がない人には知らない人も多くいるはずです。
宿泊施設もこの温泉街にはあるんですが、日帰り温泉もあるので私は日帰り温泉をよく利用しています。若干熱めのお湯ですが、入浴後は肌がすべすべしていてさすが温泉という気がします。ページであるように夕方には割引されるようなので、かなりリーズナブルな入浴料金だと思います。石鹸もシャンプーも完備してたと記憶してます。

泉質がアルカリ性であるので肌がすべすべになります。
入浴料金がかなりリーズナブルだと思います。
景観がいいのでゆっくり入っていられる

高雄温泉露天風呂


ソース

無料の施設なので、貴重品管理は厳重に

無論この高雄温泉はペンションなども立ち並んでいますが、私の行った所は無料の温泉施設です。5月に行ったんですが、まだ雪が残っていました。かなり寒いので厚着をして行った方がいいです。温泉は段になっていて、温泉の泉質は草津の温泉とよく似ている酸性系の温泉です。
着替えるところはあるんですけど、プラスチックのざるに着替えを入れるので、雨なんかふっちゃうとたぶん濡れます。駐車場は広いんですが、ただ止めるだけの駐車場ですね。管理者もいるんだかいなんだかの施設なのは、無料だからでしょう。でもお風呂自体はきれいでした。

無料なのでいくら入ってもタダです
景色が結構よかったですが寒いです。
あからさまに秘境の温泉という気がします

近隣の宿

鬼怒川グランドホテル 夢の季


ソース

日光を観光する時は是非泊まってもらいたい宿

私は、四年前の秋、当時付き合っていた彼女と日光へ旅行へ行った際、この宿を使いました。駅からは近く分かりやすい場所にありましたが、当日は大雨で、到着したときには二人ともびしょ濡れでした。しかし、到着したとき、我々を見たスタッフがあわててタオルを持ってきて荷物や体を拭いてくださったので好印象でした。清潔感のある部屋は和洋室でした。食事は日光名物の湯葉を使った料理で大変満足しました。温泉は、9つもの種類があり、日替わりで男女が入れ代わる仕組みでした。スタッフの態度、食事、部屋等は申し分ありませんでしたが、大雨の直後で、露天風呂に落ち葉や枝が沢山浮いていたのが残年でした。

鬼怒川温泉駅から徒歩10分ほどで着く
和洋の様々なタイプの客室がある
館内の9つの温泉を楽しむことができる

電話番号
0288-77-1313
営業時間
チェックイン15時から、チェックアウト10時まで
ホームページ

日光湯元温泉

日光湯元温泉

弱酸性の硫黄泉を使った美容に良いとされる温泉

観光地として有名な日光にある国民保養温泉地第一号に指定された温泉になります。また、日本で4番目に濃い硫黄泉であり、弱酸性のお湯になります。お湯は、通常時であればエメラルドグリーンの色をしていますが、空気に触れることで、色が変化することもあり、目で見て楽しむことができます。お湯自体は乳白色でとろみがあり、メタケイ酸を多く含んでいるため、美容効果に良いとされ、女性には嬉しい効能が期待できるのも魅力です。温泉ならではの硫黄の濃い香りを思う存分味わうとともに、美容促進を目指すため、日光を訪れた際には寄ってみる価値大の温泉なのではないでしょうか。

国民保養温泉地第一号に指定されたというお墨付きがあります。
温泉特有の硫黄の香りを満喫できる温泉です。
弱酸性のお湯がもたらす美容促進の効果があります。

ホームページ

ピラミッド元氣温泉


ソース

アフリカ気分を味わうことのできる温泉

那須塩原駅から車で10分程の総合モール内の温泉になります。大浴場、露天風呂、洞窟風呂、宝石風呂、檜風呂、水晶岩盤浴といった種類に分かれており、宝石風呂は、パワーストーンが散りばめられた貸切の家族風呂になるのですが、浴槽にローズクリスタルとアマゾナイトと呼ばれるものを使用しており、贅沢な気分になります。浴槽の周囲には、こどもが喜びそうな動物を象ったモニュメントが置いてあり、名前のピラミッドから連想するアフリカの楽園にいるかのような感じです。水晶岩盤浴は、水晶が敷き詰められた床に寝そべることで発汗を促すものになっており、サウナに入って汗を掻くよりもこちらの方が汗を掻きやすいという特徴があります。

総合モール内の温泉であるため、家族連れには最適です。
宝石風呂は、アフリカの楽園を思わせる造りになっています。
水晶岩盤浴で効率的に汗を掻くことでデトックス効果が望めます。

電話番号
0287-35-4141
営業時間
10:30~21:00(最終受付20:00)
ホームページ

那須高原山房 小啄木


ソース

1日3組限定の隠れ宿「小啄木」

那須高原山房「小啄木」は、那須湯本の別荘地に佇む、1日3組限定の隠れ家的な山小屋宿泊温泉施設です。旅館やホテルとは違った特別な温泉を楽しめる自然に囲まれた隠れ宿として、人気を集めています。温泉は、那須七湯の一つ高雄温泉として古くから知られており、貸し切り露天風呂を2つ設けています。どちらも時間になっていて、空いているときは何度でも無料で利用することができます。効能としては、神経痛や冷え性などに効果があります。周辺には、那須ハイランドパークや那須サファリパーク、那須りんどう湖レイクビューなど家族やカップルで楽しめる観光地が豊富にあります。

1日3組限定の隠れ宿で特別な温泉を楽しめます。
何度でも無料で利用できる貸し切り露天風呂があります。
周辺には、充実した観光スポットが豊富にあります。

電話番号
0287-74-6550
ホームページ

湯西川温泉 平家伝承かずら橋の宿 本家伴久


ソース

日光市の湯西川温泉は鬼怒川温泉、川治温泉より更に奥まったところに在ります。 山深く入ったところの標高800m程度のところのひなびた温泉になり、平家伝説の残る温泉としても知られています。
温泉は、アルカリ性単純温泉で無色透明、無味無臭であり、肌に優しくて含まれる成分が少なく、刺激が少ない為に高齢者に向く温泉とも言われています。
湯西川温泉の趣有る旅館に「本家伴久」というのがありますが、正式には「湯西川温泉 平家伝承かずら橋の湯 本家伴久」としょうしていて、当地では最も格式のある、そして、大変趣きのある宿として評判です。

日光の山深い温泉場である湯西川温泉
湯西川温泉は平家の落人の里の温泉
趣のある宿、「平家伝承かずら橋の湯 本家伴久」 

電話番号
0288-98-0011
ホームページ

矢板温泉 城の湯温泉センター 城の湯ふれあい館


ソース

温泉施設でなく運動教室もあるようです。

自分が行った時には丁度雨の日にいったせいか、あまり運動をしている人は見かけませんでした。露天風呂は広かったように記憶しています。シャンプーも石鹸もあるので、タオルだけで温泉が楽しむ事が出来ます。露天風呂だとお湯の熱さはそんなに気になりません。
かなり清潔に保たれている温泉施設です。弱アルカリ性の温泉なので、ふろ上がりは肌がすべすべしています。
余談ですが、自分は落とし物をしてしまったのですが、管内の係員の人に新設にしてもらいました。おじさんでしたけど、親切にしてもらい落とし物は無事に見つかりました。

スポーツ施設が完備している珍しい温泉
500円と日帰り温泉としてリーズナブル
露天風呂が広くゆっくりできます

電話番号
0287-43-2115
営業時間
午前10時~午後9時(受付は午後8時30分まで)
ホームページ
http://www.yaita-onsen-shironoyu.jp/institution/
住所
栃木県矢板市川崎反町295

川治温泉 薬師の湯


ソース

若干温めの栃木でも珍しい混浴風呂です。

お湯が温かったのが印象的でした。かなりお風呂自体が底が深くて、幼児だとちょっと危ないきがしました。弱アルカリ性なので肌にやさしい温泉です。申しました通り、お湯がかなりぬるかったので、冬場はよく温まったほうがいいですね。
私のちょっと笑える体験談。自分以外に白髪入った老人が入ってました。自分は最初おじいさんが入っているものだと思ってはいっていましたが、上がってびっくりおばあさんでした。上がる寸前まできがつきませんでした。混浴なのでこうしたトラブルがあるとは思っていましたが、びっくりした経験をここでしました

お湯が温めなのでよくあたたまったほうがいいです
栃木では珍しい混浴風呂なので納得してから入りましょう
川沿いにあるために景色はよかったと思います。

電話番号
0288-78-0229
営業時間
午前10時~午後9時
住所
栃木県日光市川治温泉川治278番地2

栃木天然温泉 湯楽の里


ソース

温泉ランキング栃木1位の温泉「湯楽の里」

こちらの湯楽の里はnifty温泉ランキングの栃木部門で1位を獲得した天然温泉です。
重曹泉の天然温泉は疲労回復・腰通・美容促進にも効能があります。
また湯楽の里のおすすめポイントは、「エンタメ風呂」があるところです。
夏季には「しゃぼん風呂」と言って、露天風呂にシャボン玉が舞う幻想的なお風呂に入ることができます。
冬季には「雪見風呂」と言って、これも露天風呂のまわりに雪を散らして楽しむことができます。
またお食事処もあり、栃木名物料理を日替わりランチで楽しむこともできます。
お子様からお年寄りまで幅広く天然温泉が楽しめる場所となっています。

季節折々のエンタメ風呂があるので子供も一緒に楽しめる
食事処にテーブル席があるため、お年寄りも利用できる
温泉ランキングで栃木1位になった天然温泉

電話番号
0282-20-2641
営業時間
午前9時~深夜1時
ホームページ
http://www.yurakirari.com/yuranosato/tenpo/tochigi.html
住所
栃木県栃木市大町22-70

北温泉


ソース

那須にある、天狗湯とぬる湯が自慢の温泉

栃木県の那須にある北温泉旅館内の温泉になります。天狗湯と呼ばれる巨大な天狗の面がかけてあるお湯や、ぬる湯と呼ばれる湯温が低めなお湯等が備えられています。天狗湯では怖い顔をした天狗の面が入浴者の方へ向けられていることから迫力があり、悪いことが決してできないような面白みのある工夫がされています。ある意味、地獄のお湯に入っているかのような遊び心溢れた空間を楽しむことができると思います。また、ぬる湯は熱めのお湯が苦手な方にとってはうってつけだと思います。ゆったりと長時間入浴することで、心も体も癒されてくるのではないでしょうか。

天狗湯と呼ばれるユニークなお湯に入浴できます。
天狗の監視下のもと、お湯に浸かるのが面白みを感じさせます。
熱いお湯が苦手な方には嬉しい、ほど良い湯温のお湯もあります。

電話番号
0287-76-2008
ホームページ
http://www.kitaonsen.com/mokuj.htm
住所
栃木県那須郡那須町湯本151

天然温泉森の泉


ソース

バラエティに富んだお湯を楽しむことができる温泉

栃木県にある総合リゾート施設内にある温泉です。露天風呂をはじめ、4種類のお湯を楽しむことができます。立ち湯は、深さ1.2mほどとなっており、体全体の血流が促進され、冷え性改善に効果があります。シルキーバスでは、微細気泡による白いお湯が毛穴の奥に浸透することでお肌の内側もきれいにしてくれます。また、気泡が破裂する際に放出されるマイナスイオンが森でよく感じることのあるのと同様、リラックス効果を生み出すのです。ハイパージェットバスは、勢いのよいジャグジーを利用し、肌を動かしてやることで血流の促進効果も期待できるのです。様々なお湯を一度に楽しむことのできる点で、大変魅力があるのではないでしょうか。

立ち湯では立った姿勢のまま入浴ができます。
シルキーバスのお湯は体の内側からきれいにしてくれます。
ハイパージェットバスは勢いのある水圧で血流を促進させます。

電話番号
0285-85-5526
営業時間
平日:10:00~23:00(最終受付22:15)、土日祝:6:00~23:00(最終受付22:15)
ホームページ
https://www.sparesort-livemax.com/
住所
栃木県真岡市長田1-24-3

那須塩原温泉 中の湯(共同浴場)


ソース

街中の喧騒を忘れてのんびりと温泉気分を

東京駅から最寄りの那須塩原駅までは約小1時間程度なのてど日帰りでも十分に旅を堪能できます。
仕事に追われて、普段は泊まる時間がない人にとっても、向いているのではないでしょうか。
やはり、ここの温泉の特徴は美白にも効果がありそうな、白みのかかった濁り湯が魅力的ですね。そして、ふと昭和時代にタイムスリップしたような、気取らない街並みが異国に来たような情緒を溢れさせてくれます。栃木県では有名な温泉地の一つでもありますが、のんびりとしたひとときを過ごせるのがメリットです。そして、その周りには殺生石などの見どころが多くあることから、宿泊した方が充実したひとときを過ごせますよ。

昭和時代にタイムスリップしたような懐かしさ
美肌効果がある白濁したお湯が特徴
周りには、殺生石をはじめ見どころが一杯

営業時間
7時から18時
ホームページ
http://www.siobara.or.jp/viewhigaeri.htm
住所
栃木県那須塩原市湯本湯原27

奥鬼怒温泉郷 日光沢温泉


ソース

日光の最も山深いところにある秘境温泉・奥鬼怒温泉郷

奥鬼怒温泉郷は、広大な日光市域のなかでも北西部の山の中に位置していて、その名の通り鬼怒川の最上流、源流部の温泉場になります。 奥鬼怒というのは 川俣から女夫淵(めおとぶち)温泉の更に其の奥の地域が「奥鬼怒」と称していて、一般の人は女夫淵までは車でも行けますが、この先の奥鬼怒温泉までは凡そ、1時間程度の徒歩で往くようになります。
秘境の温泉郷には4箇所の宿泊施設がありますが、其の中でも最も奥まったところにあるのが「日光沢温泉」になります。 温泉は硫黄系の白濁している湯で、各箇所には自然をそのままに活かした特徴ある露天風呂が其々に有ります。

広大な日光市域でも最も奥の温泉郷です
鬼怒川源流部の温泉場になります
徒歩で往く紅葉の絶好地でもあります

電話番号
0288-96-0316
営業時間
9:00~15:00
ホームページ
http://www.nikkozawa.com/
住所
栃木県日光市川俣874

約230軒の温泉が集まる「栃木の温泉20選」 の厳選でした。

気になる温泉や、行ってみたいと思える温泉は見つかりましたでしょうか?

硫黄泉の白いにごり湯が特徴的な歴史深い温泉、開湯から1200年もの歴史があるファミリー層向けの巨大温泉施設、リーズナブルな価格で入浴できるアルカリ性の泉質、無料で入浴できる景色抜群の温泉、全国的にも珍しい混浴風呂、季節折々の景色が楽しめるエンタメチックな温泉、種類豊富な温泉が楽しめる施設などなど……。

無料で入浴できる温泉や混浴風呂があるのは、栃木県という田舎ならではで魅力ですね。いつもと少し違った旅行気分が味わえそうです。

土地柄もあるのか駅から遠い温泉地が多いので車があると便利かもしれません。中には無料送迎バスを用意している施設もあるので、アクセスに困った際は探してみると良いですよ。

他の地域とは一味違った栃木県の温泉に浸かれば、身も心も癒されるはず。
ぜひ、栃木県へ旅行にお越しの方は、今回紹介した温泉を参考にしてみてください。

栃木県以外にも、茨城県や群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県など、その他の関東地方のおすすめの温泉なども紹介していますので、他の記事もご覧になってくださると嬉しいです。

関連記事

  1. 北海道の穴場温泉20選。誰もが一度は行きたくなる穴場の温泉スポット。

  2. 温泉

    カツオだけじゃない徳島県の穴場温泉20選。一度は訪れたい名泉特集

  3. 厳選山梨県の穴場温泉20選。名湯・絶景・穴場の山梨の温泉をご紹介

  4. 大阪温泉

    大阪の穴場温泉20選。都会でも少し離れていても大満足な穴場温泉特集

  5. 山口県の穴場温泉20選。自然や歴史あふれる天然の穴場温泉特集

  6. 島根県の穴場温泉20選。壮大な自然と歴史あふれる穴場の温泉特集