熱海温泉

熱海温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

大人な文化旅!週末は、歴史と癒しの観光地「熱海」にふらっと出掛けよう!

東京駅から東海道新幹線ひかりで約35分、JR東海道本線で約2時間という好立地な場所にある観光地「熱海」湧いて出るほとんどの源泉には、古い角質を軟化させる作用が含まれており、お肌がスベスベになるといわれています。海や山、気軽に観光できる食べ歩きスポットや、年間を通して開催される花火大会なども有名ですよね!そんな誰にでも愛される街熱海は、古くから根強い歴史とも深く関わりがあり、歴史的な観光地でもあるのをご存知でしょうか?熱海には、現代人が忘れがちなゆったりとした時間をおもてなしてくれる旅館が数多く存在しています。本記事では、一人旅でも、女子旅でも、カップルでも幅広く楽しめる大人な文化旅に利用できる温泉宿を5選ご紹介します!

熱海温泉の歴史

熱海温泉は、1500年以上の歴史を誇り、日本の三大温泉の一つと言われています。
熱海の地名の由来をご存知でしょうか?熱い海!?と不思議に思う方も多いかと思いますが、その地名にも歴史的な由来があるのです。
熱海はその昔およそ1500年位前、海底から温泉が湧き上がり、魚たちが焼け死ぬほど海が熱くなったことから「熱海」と名付けられ、その後温泉街として有名な観光地となりました。かの有名な徳川家康や、8代将軍徳川吉宗にも愛され、明治時代には伊藤博文、大隈重信もしばしばこの地で重要な会議を行っていました。

おすすめの熱海の温泉宿

熱海温泉観光のおすすめモデルコース5選

熱海温泉観光のモデルコースでおすすめなものは、熱海城からアカオハーブ&ローズガーデンを廻るコースがおすすめです。最初は熱海で有名なお城熱海城を廻り、花の妖精という喫茶店でフレンチを味わうことが出来ます。休憩が終わるとアカオハーブ&ローズガーデンに行き、他ではあまり見られない薔薇や季節に応じた様々な花を見ることが出来ます。花は見ることだけではなくてアカオハーブ&ローズガーデンの後花スイーツのお店で花の形をしたお菓子を購入することが出来ます。

アカオハーブ&ローズガーデン

アカオハーブ%ローズガーデンは世界一を目指すために作られており、珍しい薔薇や花を見ることが出来ます。観光や結婚式やお祝いする場所としても写真になる観光スポットであり、人気があります。店内にはコエダハウスという木で作られたハウスで癒されます。コエダハウスでは熱海タルトフロマージュやバラのアイスクリームを食べることが出来ます。


掲載ページアドレスアカオハーブ&ローズガーデン
住所:静岡県熱海市上多賀1027-8

熱海城

熱海城には天守閣の展望台があり、高いところならきれいな眺めを見ることが出来ます。遠くにある真鶴半島、房総半島、伊豆半島を天気のいい日は見ることが出来ます。
熱海城には他にも足湯があり、足を温めながら心を癒すことが出来ます。マッサージチェアの利用は無料で利用出来ます。熱海城にはお土産広場もあり、熱海城が描かれたジグソーパズルなども販売されています。


掲載ページアドレス熱海城
住所:静岡県熱海市熱海1993

熱海トリックアート迷宮館

熱海トリックアート迷宮館には写真があり、写真から絵が飛び出ているように見えたり錯覚を利用した写真があります。写真を見るだけではなく撮ることも出来て、錯覚を使った写真を撮ることが出来ます。体は本来大きいのに小さく写って見えたりします。写真は見るだけではなく触れるようにもなっており、錯覚について写真を通して考えることが出来るように工夫されています。


掲載ページアドレス熱海トリックアート迷宮館
住所:静岡県熱海市熱海1993

アタミロープウェイ

熱海城に行くためにはアタミロープウェイを使うと簡単に行くことが出来ます。どこからロープウェイが出ているかというと山麓駅からです。
ロープウェイが滅多に見られないところに住んでいる人はアタミロープウェイを利用するいい機会です。大人でも片道400円だけで済むほど低価格だから、利用しても損をすることはありません。


掲載ページアドレスアタミロープウェイ
住所:静岡県熱海市和田浜南町8-15

マリンスパあたみ

マリンスパあたみは温泉とプールがついています。1階にはウォータースライダーと流水プールと日水連公認プールと幼児用プール、3階には屋上プールがあります。
温泉の方は水着を着たまま入れる温泉と男女別の大浴場がそれぞれあります。子供用のプールがあるから小さい子供を連れて来ても遊べるし、冷たいところが苦手な人は温泉もあるから楽しめます。マリンスパあたみはレストランもあり、コロッケ定食やカレーなどのメニューがあります。


掲載ページアドレスマリンスパあたみ
住所:静岡県熱海市和田浜南町4-39

熱海温泉に行く場合の注意点

熱海温泉に行く場合の注意点
熱海温泉に行って足湯をする場合はなるべくストッキングやタイツは辞めることをおすすめします。足湯が入りやすいズボンなどをおすすめします。
入りづらい服装で行くとトイレなどで着替えするしか方法がなくなります。足湯をした後は1人ずつタオルは置いていないため、タオルを持っていくことを忘れないようにします。タオルを忘れるとティッシュペーパーで拭かなければいけなくなってしまいます。タオルは濡れているからビニール袋も持っていくといいです。

熱海温泉までのアクセス情報

東京と大阪と名古屋から来る場合は新幹線の利用が早いです。それぞれ直通で熱海に行くことが出来ます。バスや電車の利用も可能ですが、東京からは三島駅か沼津駅まで高速バスを使って乗り降りし、三島駅あるいは沼津駅から乗り換えて熱海駅に行く必要があります。
バスと電車の場合は乗り降りが必要で少し大変です。どの公共交通機関を使っても熱海駅から熱海温泉に行くまで少し歩く必要があります。車で行く場合は沼津インターから35キロ離れた場所に熱海市があります。

まとめ

大人な文化旅に利用できる温泉宿を5選をご紹介させていただきました。
熱海には、まだまだ数多く歴史的な温泉宿が存在しています。自然に囲まれた熱海では、四季折々の楽しみ方ができるのも良いですよね!
都心からも近いので、1泊2日のコースなら気軽に出かけられますよ。ちょっとしたお祝い事に予約するのも大人の熱海観光なのではないでしょうか?
週末は、仕事の疲れを全て癒しに、自然と文化と温泉の街、「熱海」に出かけてみませんか?

関連記事

  1. 下田市の街並み

    下田温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のモデルコース

  2. 浅間温泉

    浅間温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のモデルコース

  3. 皆生温泉の砂浜

    皆生温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のモデルコース

  4. 秋保温泉

    秋保温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

  5. 蔵王温泉

    蔵王温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

  6. 那須温泉

    那須温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

  7. 下呂温泉

    下呂温泉 今宵天空に遊ぶ しょうげつ

  8. 嬉野町

    嬉野温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース

  9. 南紀白浜

    南紀白浜温泉のおすすめの温泉宿・歴史・観光のおすすめモデルコース